結婚相談所のタイプ

このコラムをシェアする

仲介・相談型サービス

結婚相談所に登録すると、担当としてカウンセラーなどが付き、登録者に合ったお相手を探したり、お会いする約束の確定や場所の選定、お会いした後の交際についてもサポートしてくれます。
小規模な相談所が多く、細かい配慮をしてくれるので、なかなか積極的に動けない、あるいは、自分に自信が無い、といった方でも気軽に相談ができるようなスタッフ配置のところが多いようです。
お相手を探す時も、年齢や職業だけでなく、性格や、登録者との相性などをプロの目線で確認してくれますので、良縁につながる可能性も高いです。
男女二人担当者が付く相談所もあり、同性からのアドバイスと、異性から見た場合のアドバイスが両方受けられるという利点があります。
もう一つのサービスであるマッチング型サービスと比べると若干料金は高めですが、なかなか積極的に行動できない方に向いているサービスです。

マッチング型サービス

結婚相談所に登録する際に、自分のプロフィール、相手への希望条件など細かな項目を登録し、その条件、相性が良い相手を探して紹介してもらうサービスです。
希望条件に合った方、相性の良い方が見つかった場合、相談所を通じて相手方に打診します。
お相手から了承の連絡がきた場合だけ、お互いがメッセージを送り合い、好感度を持ったところで実際にお会いする機会を設定します。
希望条件で絞り込んだお相手を紹介してもらい、自分で選ぶ、という形式のため、仲介・相談型サービスを利用するよりも紹介してもらえる方の数が多いというメリットがあります。
自分のペースで連絡や紹介を進めていきたいと考えている方や、人に頼らずとも自分の気持ちを相手に伝えることができる方にとっては、便利なシステムです。